矯正治療について

◆出っ歯(上顎(じょうがく)前突)
上の前歯が出ていたり、下顎が奥まっていたりした時、前歯を内側に引っ込めたり、下顎を大きく成長させ、かたちを整えます 。

◆受け口(下顎(かがく)前突)
下顎が前に出ていたり上下の前歯が逆に噛んでいたりした時、あごの成長を調整したり、歯並びの傾きを変えてかたちを整えます。

◆乱抗歯(叢生(そうせい))
歯が大きかったり、あごが小さかったりした場合、歯が並びきらずにでこぼこに並んでしまった場合、あごを大きく成長させたり、場合によっては歯の数を間引いて(抜歯)並べ替えかたちを整えます。

◆(開咬(かいこう))
奥歯を噛み締めても、上の前歯と下の前歯があわず、前歯でものがすり切れないことをいいます。
お口の癖が原因のこともあり、歯の調整をするだけでなく、癖を正すことも必要な場合があります。

◆(過蓋(かがい)咬合)
上下の歯のかぶさりが大きく、下の歯が全く見えないことをいいます。
下の歯の先端が上あごの歯肉を噛んでいることがあります。
歯のはえ具合を調整することや、顎を積極的に成長させて整えます。

◆(空隙(くうげき)歯列)
歯と顎の大きさに不調和があるとき、となりあった歯に隙間がある並び方を言います。
隙間をつめてかみ合いを整えます。

  しかし、以上の場合の何れも歯並びや成長の調整が困難な場合には、手術を含め、かたちを調整することもあります。

ポリッシング

歯の表面を清掃します。飲食によって歯の表面には多くの色素沈着があります。普段の歯磨きではなかなか綺麗にならないことがあります。
専用の器具薬剤で磨きます。

ホワイトニング・ブリーチィング

(歯の漂白)
歯の白さと透明感を強調します。歯を削ることなく専用の薬剤を用いて行います。
当院で行う方法と自宅で行って頂く方法があります。

フェイスニング

矯正治療で歯並びが変わるにしたがって口元の感じにも変化が生じます。
治療進行にしたがい お顔の筋肉の動かし方を実践していただき、美しい笑顔を発見 していただきます。

Copyright(c) 2015 All Rights Reserved. by Tanida Orthodontic Dental clinic